経営情報システムの勉強方法
経営情報システム

言葉を短縮して覚えない

かつては最新知識はいらず、過去問を解いて基礎知識を高めればいいと考えられていたのが、経営情報システムでした。
ところが、最近の問題では、基礎知識だけでは対抗できないような問題が出るようになり、最新の知識も持っていなければ、点数を延ばすことができなくなってきたのです。
常識的な判断で解けばいいとまで言われていましたが、そこまで単純ではなくなってきています。

ですが、経営情報システムには、基礎知識がなければ点数をとることができません。
ハードウエアやデータベース、ネットワークあたりに関しては、過去問を解いて基礎知識を磨いていくのも有効です。
ただし、あまりに古い情報は過去の技術として対応していませんし、出題もされないところは注意しなければいけません。

意外と難しく、古い情報ではなく基本が大切になるのが、インターネットと電子メールでしょう。
インターネットといっても、最近の話からネットワーク層のような話まで、かなり広い知識が必要です。
電子メールに関しては、セキュリティまで含め、基本的なことができるようにしておくと対策になります。

経営情報システムが苦手な人は、どうしても短縮形の言葉を覚えようとします。
これが記憶の効率を妨げていますので、単語は短縮せずに覚えておくことが大切です。
その中で、ほかのものと関連付けていくことができれば、記憶の効率も上げることができ、点数も取れるようになっていくでしょう。

関連付けして暗記が大切

経営情報システムの対策として、関連付けて暗記していくことがあります。
一つ一つの言葉が結びつきやすく、お互いを活用しているのがコンピューターの内部構造です。
単独で何かをするのではなく、あくまでも複合して処理を行っているのですから、言葉も意味も関連付けして覚えることが必要になります。

苦手意識を持っていると、どうしても覚えにくい分野であることは間違いありません。
ところが、いったん得意分野としてしまえば、点数を稼ぎ出すことができるのは、基礎的な力さえ身につければ落とされるレベルにはいかないということもあるのです。

語呂合わせでも覚えてしまえば

どうしても経営情報システムが苦手なのであれば、語呂合わせで暗記したりするのもいいでしょう。
まじめに語呂合わせを作ってしまうと、記憶に残らないこともあります。

そこそこくだらないことを作るほうが、印象にものこり記憶として定着しやすいのです。
語呂合わせにしてしまうことで、複数の言葉も取り入れることができ、関連性を見出すこともできるでしょう。

難しさもあったりする経営情報システムですが、慣れてしまえば得点源にすることができます。
語呂合わせでも点数は問ったもの勝ちですので、どんどんと取り入れていってしまいましょう。

About

Categories: 勉強方法