運営管理の勉強方法
運営管理

運営管理にはイメージが大切

運営管理の勉強は、どうやってイメージを作っていくのかということにかかっています。
現場のイメージができるのであれば、運営管理は難しいものではありません。
逆にイメージができなければ、柔軟的な対応ができなくなり、点数がとりにくくなってしまう科目でもあるのです。

運営管理とは一体何かということを考えると、現場での目線で考えることが必要な科目であるということが見えてきます。
もう一つは、効率化を追求することが重要で、生産性と共に考えていくことが求められるのです。

必要な知識を身につけ対抗を

一般的に、必要な知識を身につけることができれば、60点はとることができるといわれているのが運営管理の特徴です。
専門用語がとかく目立つために、まずは基礎を固めていくことが必要になるでしょう。

その中で、いったいどんなことをしているのか、そのイメージを作っていくことが大切です。
イメージができるようになると、問題に引っかけられることもなくなり、複雑になっても答えを導き出せるようになるでしょう。

論点があまりぶれていかないというのも、運営管理です。
問題とすることができるところは集中しており、深い知識よりも、汎用的に広い知識が必要になります。
一度基礎を作り上げてしまえば、あまり時間を掛けなくても、点数は自動的に伸びていくことでしょう。

計算問題は得点問題に変える

運営管理には、財務・会計のように計算問題も出題されます。
中小企業診断士の試験勉強をして、実際の問題対策を考えると、計算問題はパスする傾向が強まるでしょう。

しかし、運営管理の計算問題は、用語を理解して計算方法がわかれば、得点問題に化けるのです。
基本的な解き方は決まっていますので、財務・会計同様に繰り返し練習していれば、自然と解けるようになっていきます。
難易度も低いのですから、積極的に解いていくといいでしょう。

暗記も重要な運営管理

運営管理は、中小企業診断士の試験科目の中で、暗記が有効に働いてくる科目です。
その中でも、頻出のキーワードはある程度決まっています。
単語帳を使ってインプットを繰り返しているだけでも、理解度を引き上げることができますので、有効に使っていきましょう。
言葉がわかるようになり、使えるようにしておくと、2次試験の時にも活用していくことができるのです。

出題形式を見ていくと、正誤判断が基本だということがわかります。
対応策としては、言葉の意味を正確にとらえていくことしかありません。

暗記用のキーワードと同じですが、定義なども正確に覚えておくことができれば、点数をとることができます。
ただ言葉を覚えるのではなく、意味が出てくるようにすることが、暗記する方法に必要なのです。

About

Categories: 勉強方法