財務・会計の勉強方法
確定申告

暗記が役に立たない会計

中小企業診断士の試験科目の中で、苦手な人が多いといわれるのが財務・会計です。
財務と会計という隣接する分野を一つでやることになりますが、勉強方法も独自の形を作っていかなければいけません。

会計に関しては、暗記は役に立ちません。
知識を身につけ、問題を解いていく力をつけるためには、とにかくやり込むことが大切になります。
論理的に解釈し、問題が解けるようになってくると、それまで苦労していたことは何だったんだろうかといえるほど、素直に答えが出るようになるのです。

素直に答えが出るようになれば、あとは問題に対応できるかどうかがポイントになるでしょう。
やった分だけ点数が伸びるのが財務でもありますので、過去問でも予想問題でも、とにかく数を解いて、解釈できるようにしていくことが大切です。

次に解答できる速度を上げていくことが求められます。
中小企業診断士の試験は、とにかく時間が短いため、後から見直すということができるかどうかわかりません。
つまり、一発で答えが導き出せるようにすることと、問題を解く時間を短縮できる練習が必要になるのです。

計算問題もありますので、最初のうちは計算機を使い、慣れてきたら筆算及び暗算で溶けるようにしていくと、時間はかなり短くすることができるでしょう。
これは、財務でも同じことですので、計算にも慣れていくことが必要です。

関連性が高いからこそ図にしてみる

得意不得意がはっきり分かれてしまうのが、財務の問題になります。
日常的に使っていれば問題はありませんが、一般的な生活では理解できないような範疇が含まれてくるからです。

できるだけしっかりした基礎を作り出すことが大切になります。
そのうえで、論理的解釈が勝負の分かれ目になるといえるでしょう。

そこで活用しなければいけないのが、図に書いて覚えるということです。
なかなか耳にしない言葉が多く出てきますが、お互いに関連性の高いことが特徴になります。
そこで、図にしてしまうと、お互いの関連性が見えてくるため、論理的に解釈することができるようになるでしょう。

財務に関する問題は、わからなければ解けない問題も出てきます。
計算したりすることで答えが出てくる問題もありますが、時間をかけるぐらいなら、簡単に解ける問題を積み重ねていくことのほうが重要です。

とにかく解ける問題をクリアし、時間の余裕を作り出すことが必要になります。
時間を作り出すことができるようになれば、計算問題に関しても焦らずに解くことができるようになるでしょう。

財務・会計は努力の跡がはっきりと出てきます。
集中して時間を取るとともに、しっかり解釈できるようにしていくことがポイントです。

About

Categories: 勉強方法